日帰り網膜・硝子体手術|神戸市 王子公園駅徒歩6分のおおすぎ眼科|視野・視界 狭い 見えない

おおすぎ眼科
王子公園駅より徒歩約6分  Tel078-802-7055

日帰り網膜・硝子体手術

網膜・硝子体とは

目をカメラにたとえると、網膜はフィルムにあたります。光を感じ、脳に伝える重要な役割を果たしています。カメラではレンズとフィルムの間は空洞ですが、目の場合、この空洞は硝子体と呼ばれるゼリー状の組織で満たされており、網膜と接しています。この硝子体は加齢により変化し、接している網膜を引っ張ったり、出血等で濁ったりすると視力が低下します。
視力低下を引き起こしている硝子体などを除去することにより視機能回復を目指すのが網膜・硝子体手術です。眼科手術の中では比較的難易度の高い手術となりますが、当院では経験豊富な院長が執刀しますので安心して手術を受けていただくことができます。

以下のような症状がある方は一度ご相談ください(例)
  • 目の前に何かが飛んでいるように見える
  • 視界の中に見えない部分がある
  • 視野が狭くなったと感じている
  • 物がゆがんでみえる
  • 目がかすむ
  • 光の点滅(キラキラ、チカチカなど)を感じる
  • 視力が急に落ちた など

手術の対象となりうる主な網膜・硝子体疾患

網膜前膜(黄斑上膜)

加齢が原因で硝子体が網膜から外れるという出来事が生じます(硝子体剥離)。その際に硝子体の一部が網膜に取り残されることで膜が形成されることがあります。この膜が網膜の表面でさらに老化を続けることで厚くなって収縮し、やがて網膜(特に黄斑部)にしわを寄せてしまうということがあるのですが、これを網膜前膜と言います。症状としては、視力低下、ゆがみなどが見られ、治療をせずに放置をすると、これらの症状は徐々に進行します。なお、黄斑前膜は、加齢以外にも目のけがや網膜剥離の手術、他の網膜の病気が原因で生じることもあります。網膜・硝子体手術により進行を予防します。

黄斑円孔

硝子体が網膜の中心を引っぱることにより、黄斑部の中心に孔(あな)が開く疾患です。孔自体はとても小さいのですが、黄斑はものを見るための機能として最も重要な役割を果たす部分ですので、視野の中心部がゆがんで見えるほか、中心部が暗く見にくくなるなどの症状が現れます。眼の打撲などが原因で起こることもあります。
網膜・硝子体手術により円孔を閉鎖し、視機能の回復を期待します。

近視性牽引黄斑症(網膜分離症)

近視の強い方は眼球が前後に延長しており、このため、硝子体や(前述の)網膜前膜が網膜を前方にひっぱられやすい(牽引されやすい)状況にあります。網膜が前方に牽引されると網膜が分離し(網膜分離症)、進行すると網膜剥離(黄斑部剝離)が生じます。網膜の中心部はうすくなっていて弱いので、ここに孔(あな)があいてしまうと黄斑円孔網膜剥離と呼ばれる治癒が困難な状態になります。これらの一連の疾患をまとめて近視性牽引黄斑症といいます。網膜・硝子体手術により分離や剥離の改善を目指します。

網膜裂孔

網膜と硝子体が強く癒着していることで、引っ張られた網膜が裂けてしまい、孔(あな)が開いた状態が網膜裂孔です。これは、やがて網膜剥離に進行することもあります。レーザー手術の対象となります。網膜が裂けたときの出血がひどい場合は網膜・硝子体手術の適応となることがあります。

網膜剥離

網膜に孔(あな)が開く疾患の網膜裂孔に引き続いて起こり、網膜が剥がれてくる疾患です。主に加齢や強い衝撃が加わることなどが原因で網膜に穴が開くようになるわけですが、剥離するタイプはひとつではなく、液化した硝子体が入り込んで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」をはじめ、糖尿病網膜症などで生じる「牽引性網膜剥離」、ぶどう膜炎などで見られる「滲出性網膜剥離」があります。滲出性の場合は手術治療の対象となりませんがそれ以外の状態では網膜・硝子体手術により視力改善を目指します。

糖尿病網膜症

糖尿病の方に生じ、網膜が障害される病気です。血糖が高い状態が続くことで網膜の微小血管がつまったり変形すると、血管から血液や水分がもれ出し、ものをみる中心が障害されると視力が低下します。初期から中期では自覚症状が現れにくく、眼科への受診が遅れがちです。気づいた時にはかなり進行しており、最悪の場合は失明することもあります。糖尿病の方は定期的に眼科を受診し、眼底検査などを受け続けることが大切です(当院では網膜の状態を詳細に観察できる広角眼底カメラを導入しており、瞳孔を開く目薬をせずに診察が可能です)。注射や網膜・硝子体手術により視力の維持を目指します。

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈が流れにくくなる病気で、主に高血圧や動脈硬化によって引き起こされることが多いです。心臓にかえる静脈の血流が滞ると、血管から血液や水分があふれ出し、眼底出血が生じたり、網膜浮腫(むくみ)を起こすようになります。さらに眼底出血や浮腫が黄斑(物を見る上で最も重要な部分)にまで及ぶと、視力は低下し、放置すれば回復が難しくなります。注射や網膜・硝子体手術により視力の維持を目指します。

硝子体出血

網膜の血管が切れるなどして出血し、硝子体の中に血液が溜まった状態です。光が出血により網膜まで届かないことで視力障害を引き起こします。硝子体出血は、網膜裂孔・剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈瘤破裂、加齢黄斑変性などが原因となっていることが多いです。網膜・硝子体手術により視力の改善を目指します。

網膜・硝子体手術について

手術を行うにあたっては、まず硝子体を除去します。白目の部分に3~4ヵ所の小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入して眼の中の出血や濁りを硝子体と一緒に取り除きます。そして、網膜に生じた増殖膜や網膜裂孔を処置し、網膜の機能を回復させます。大まかな手術の流れは以下の通りです。

手術の流れについて

  1. 1.麻酔を行う

    局所麻酔を眼球の後方に行います。痛みに敏感な方は、術中に麻酔を適宜追加していきます。

  2. 2.硝子体を取り除き、治療を行う

    白目部分に1ミリ以下の小さな穴(この穴から硝子体を切除するカッターや膜を処理する細いピンセットなどを入れる)を3~4ヵ所開け、眼内の出血や濁りのある硝子体を取り除きます。そして網膜にできた膜の除去や、網膜裂孔をレーザーで治療をします。病状によってはガスやシリコーンオイルを注入して手術を終えます。

  3. 3. 手術時・手術後の注意点

    患者様の疾患によって手術時間は異なりますが、30から60分程度です。重症であれば2時間程度かかることもあります。再出血、網膜剥離、緑内障などの合併症を引き起こす可能性もあるので、適切に加療することで対処いたします。またガスを注入した場合は、網膜がくっつくまで術後数日間はうつむいた姿勢でいる必要があります。シリコーンオイルを注入した場合は、病状が安定した後に、これを取り除く手術が必要になります。
    病状・年齢によっては白内障手術を同時に行います。