緑内障|神戸市 王子公園駅徒歩6分のおおすぎ眼科|視野の欠け 眼圧

おおすぎ眼科
王子公園駅より徒歩約6分  Tel078-802-7055

緑内障

緑内障とは

緑内障とは、眼圧がその人の視神経が耐えうる限度より高いときに、視神経が徐々に圧力により障害され、視野が次第にかけていくという症状がでる病気です。
眼圧とは眼球内部の圧力のことですが、その圧力は目の中を循環する房水によって、ほぼ一定に保たれています。しかし、この房水の流れが何らかの原因で悪くなると、眼内の房水量が多くなり眼圧が高くなります。眼圧には正常(適正)とされる範囲(10~21mmHg)があり、この基準を超えることで緑内障を発症すると考えられていますが、視神経が弱い場合は眼圧が正常値であってもダメージを受けることがあります。日本人の場合は、この、眼圧が正常値のタイプが多いと言われています。(正常眼圧緑内障)

一度障害を受けると視神経は再生されることはありません。また、一般的な緑内障の場合、ゆっくり時間を費やして徐々に視野が欠けていくことから、自覚症状が現れにくく、かなり進行した状態になってから気づくというケースが多いです。そのため、失明の可能性が高い疾患でもあります。

検査について

まず眼圧検査、隅角検査さらに眼底検査で特徴的な緑内障所見を認めれば視野検査や最新の網膜断層写真なども行い判断します。 視野検査とは、一点を注視し、周囲の見える範囲を測定する検査です。当院ではゴールドマン視野計、ハンフリー視野計の2種類の視野計を用いて検査をします。視野検査にはある程度の慣れが必要です。
また、緑内障を疑う視神経乳頭の形状について、これまでは肉眼での判定のみでしたが、当院では最新のOCTを使用し、網膜神経線維層の厚みを測定し、視野狭窄が進む前の超早期の緑内障に対し、より精度の高い診断が可能です。